お悔やみの言葉NG集
あまり考えたくはありませんが、誰かの葬儀に向かうことは人生の中で数回あるものです。

その際、遺族の方にお悔やみの言葉をかけると思いますが、これは意外に困るものです。
普段使わない言葉ですし、タブーとされる言葉も多いです。

今回は、使ってしまいがちだけれども実はNGなお悔やみの言葉を取り上げ、どこがいけないのかをご紹介します。
どこがNGなのかを考えながら読み進めていただければと思います。


一つ目の例文はこちらになります。
「突然の知らせに驚きました。心からお悔やみ申し上げます。ちなみに、どのような経緯でお亡くなりになられたのですか?」

この言葉のどこがいけないでしょうか?ポイントは大きく分けて二つございます。

まず一点目は、「故人の死因について聞く」ということはタブーです。
大切な方をなくされた遺族の方は、つらい気持ちにあります。その方に死因を聞くのは大変失礼です。
亡くなった経緯は気になるかもしれませんが、お悔やみのみを伝えるようにしましょう。

もう一点は、「死に関して直接的な言葉を使う」こともタブーです。
「死去」や「死亡」、「亡くなる」などの言葉は、死を直接イメージさせる言葉ですので、使ってはいけません。
これらの言葉は「ご逝去」という言葉に言い換えて使いましょう。


二つ目はこちらになります。
「このたびはご愁傷様でした。生きていらっしゃったころは、これからが楽しみな方だっただけに、本当に残念です。」

こちらは一点、タブーとなる点がございます。どこでしょうか?

それは、実は1つ目の例と似た理由です。
「生きていらっしゃった」という言葉がNGです。
死を直接イメージさせる言葉だけでなく、生きていることを直接イメージさせる言葉もタブーです。
これに関する言葉を使う際は、「お元気なころ」や「ご生前」といった言葉に言い換えて使いましょう。


三つめはこちらになります。こちらは、タブーとされる点は2点ございます。
「ご主人の急なご不幸で、お力落としのことと存じます。ますます大変になるとは思いますが、これからも頑張ってください。心からお悔やみ申し上げます。」

ご主人がお亡くなりになられたという設定ですが、どこが問題でしょうか?

一点目は、「ますます」という言葉がNGです。「度々」、「ますます」、「重ね重ね」、「繰り返す」などの重ね言葉は、不幸が続くイメージがあるので避けましょう。

二点目は、「頑張って」という言葉です。これは使いがちですが、ご遺族の方に負担をかけることになるので、避けましょう。


いかがでしたでしょうか?

ついつい使いがちな言葉が多かったとは思いますが、ご遺族の方の失礼にならないお悔やみの言葉をかけましょう。

お問い合わせは、下記のフォームからどうぞ。

お名前 (必須)
E-Mail (必須)
ご住所
(必須)
電話 (携帯電話可)(必須)
FAX
ご希望の
連絡方法
       
連絡事項