忙しい人や葬儀費用を抑えたい方必見の葬儀プランを紹介
「普通の葬儀では費用がかかりすぎて負担が大きい」「どの葬儀プランを選べばいいかわからない」と思う方もいるのではないでしょうか。

葬儀プランは、いわゆる普通のお葬式である「一般葬」の他にも、「家族葬」や「一日葬」、「自宅葬」、「火葬式」などがあります。

今回は、主な葬儀プランの特徴や費用についてご紹介します。

□「家族葬」
家族葬は、一般葬と葬儀の流れは同じで、参列者の数を減らして行うものです。
家族や親族、親しい人だけで行うことができます。

「費用はあまりかけられないが、一般的なお葬式をあげたい」という方に最適です。
50名ほど招待するのに丁度良い規模で、ゆっくりとした時間を過ごすことができます。

また、参列者が一般葬と比べて少ないため、料理を重視したりできます。およそ55万円で行えるお葬式です。

□「自宅葬」
自宅で葬儀を行う形式です。
一般葬と葬儀の流れは同じです。
自宅で行うため、家族葬よりは参列者は少なく、家族と親族や親しい人だけの葬儀です。

「住み慣れた、思い出の詰まったお家で葬儀をしたい」という方に最適なプランです。
親しい人たちだけで行うため、ゆったりとした時間を過ごせます。
葬儀費用も抑えられ、45万円ほどで行えます。

□「一日葬」
お通夜は行わず、告別式、火葬を行う形式の葬儀です。
ご臨終の翌日に火葬を行うため、一般葬よりも1日短くなります。
親族に高齢の方がいらっしゃったり、遠方から来る方が多い場合、交通費や宿泊費などの負担を軽減でき、忙しい方でも参列できるでしょう。

お通夜にかかる飲食費用や式場費用を抑えることができます。「家族葬」と同様に、家族や親族、親しい人だけで行う方が多く、費用は40万円ほどです。

□「火葬式」
お通夜や告別式などの儀式は行わず、最低限の火葬だけを行う形式のものです。
ごく限られた家族や親しい人だけの少人数で行えます。

儀式を行わず、参列者を限定することで、葬儀のわずらわしさを避けて費用を抑えられます。
また、寺院や親族との結びつきが薄れているため、身寄りがなく、葬儀に費用をかけたくない、安く済ませたいという方が多くなりました。

主に都心で希望する方が増えています。費用は20万円ほどです。

□まとめ
葬儀社によって含まれる儀式や葬儀の規模が違いますが、亡くなった方や家族の要望に添える葬儀プランを探せるようになりました。
参列者の負担や亡くなった方の意向、家族の経済状況などを考えた上で、最適なプランを選びましょう。

お問い合わせは、下記のフォームからどうぞ。

お名前 (必須)
E-Mail (必須)
ご住所
(必須)
電話 (携帯電話可)(必須)
FAX
ご希望の
連絡方法
       
連絡事項